男性の特権である勃起ですが、多くの人は血流がペニスに集中して硬くなると思っていますが、実はそんなに簡単なものではありません。
単純なように見えて、実際にはとても繊細なメカニズムにおいて、ペニスは勃起し、その力が持続するのです。
したがって、加齢とともに勃起力は低下しますが、単純に精力剤を服用したからといって回復するものではありません。
むしろ、さらに低下してしまうことさえあるのです。
こういった状況を回避するためには、まず、勃起するメカニズムを理解した上で、精力が低下した理由を分析する必要があるのです。
男性は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などから性的興奮を脳で感じ、脊髄にある勃起神経を通じ、海綿体を介してペニスが勃起します。
つまり、3つのプロセスを通じて、初めてペニスに力が伝わるのですが、一番大切なのは第一段階の脳が性的興奮を感じることです。
性的興奮に限らず、脳は新しい刺激に敏感に反応する傾向にあります。
若い時は、見るもの聞くもの全てが新しい刺激であり、脳は激しく反応します。
ですから、音楽を聴いても絵画を見ても若い時には激しく心を動かされ感動します。
しかしながら、年齢とともに様々な経験を積みますから、脳に新たな刺激を与える機会が減っていきます。
このことは、性的興奮にも大きく関係しており、当然、思春期の頃は性的な経験も少ないので、キスをするだけでも激しく勃起しますが、年齢とともにキスくらいでは全く反応しなくなるのです。
つまり、勃起力が低下するのは、加齢による体力の低下ではなく、想像力の低下が大きな原因だと言えるのです。
したがって、男性としての機能を復活させ、さらに強力にするためには、脳に新たな性的興奮を与えることが近道だと言えるのです。
その一つの助けになるのが精力剤だと言えます。
特に、これまで一切精力剤を使って来なかった人が初めて精力剤を使用すると想像を絶する効果をもたらすことがあります。
これは、精力剤の成分の力もありますが、脳に新たな刺激が加わった結果だと言えます。
反対に、精力剤を飲んだことにより、精力が低下する場合もあります。
これは、脳に負のプレッシャーがかかったことが原因です。
具体的には、男性は精力剤を服用すれば、必ず性的興奮を得られると思い込みますが、それが義務感になってしまうと、すぐにペニスが反応しないことが脳に対して過剰なストレスを与えてしまうことになるのです。
勃起力を取り戻すためには、まずは脳をリラックスさせ、性的なイマジネーションを取り戻すことが大切なのです。

風俗へ行っても勃起ができない原因

脳の性的なイマジネーションを取り戻す方法として、風俗はとても有効なアイテムです。
日常では出会うことがないエロティックな風俗嬢と密室で、夫婦や恋人同士ではあり得ないプレイを楽しむのですから、脳にとってはこの上ない刺激なのです。
しかしながら、風俗でも勃起できない男性がいます。
一番の原因は自尊心が強すぎて、風俗嬢に心を解放することができないため、脳が性的興奮にストップをかけてしまうのです。
風俗の醍醐味は非日常的な時間を楽しむことです。
そして、その時間を楽しむためには、自分の心の奥底にある欲望を剥き出しにする必要があるのです。

風俗で勃起を維持して楽しむ方法

自尊心の強い男性が、風俗で心の欲望を剥き出すためには、例えば、お酒に酔っていたから欲望に勝てなかったとか、精力剤を飲んでいたから勃起してしまったといった言い訳を与える必要があります。
実は、風俗店で人気の風俗嬢とは、必ずしも容姿端麗というわけではありません。
逆に美しすぎる風俗嬢だと、緊張してしまい勃起できないのです。
したがって、風俗で勃起を維持して楽しむには、お酒や精力剤で、欲望を剥き出す言い訳を脳に与えるとともに、男性が勃起してしまうシチュエーションを作ることが上手な風俗嬢を指名することです。
そして、欲望を剥き出しにして勃起している自分を想像し、羞恥心を捨て去ることが大切なのです。