勃起力を取り戻すためには精力剤を使うのが昔から行われていることです。
勃起力とは詰まるところ陰茎の硬さを保てる力のことです。
若い時は少しの性的興奮でも簡単に勃起してしまうものですが、年齢を重ねることでしにくくなります。
そもそも勃起をする仕組みは陰茎の海綿体に対して血流が流れ込むことで発生します。
年齢を重ねると血管が硬くなり血流を押し流す力が弱くなりその力が低下します。
さらに成長期を過ぎた時点で老化が始まっているわけで、なんの努力をしなくても勃起力を保つことはできません。
このため精力剤などを利用することになります。
精力剤といってもさまざまで、基本的には精の付くもの、つまり栄養価が高いものや成長に必要な成分を積極的に体内に取り入れるということです。
滋養強壮剤というものがありますが、滋養強壮剤も精力剤の一種といえますし、また健康を保つためのサプリメントにしても精力剤とも言えます。
また精の付く食べ物として肉類やネバネバした植物なども身体の状態を改善し勃起力を高めることができます。
以前の精力剤といえば、これらとりあえず精の付く食べ物を豊富に含んだサプリメントといったものでしたが、近年は化学的に勃起を高める成分を含んでいるものが増えています。
その成分がL-シトルリンやアルギニンなどです。
これらは簡単に言えばアミノ酸のことです。
アミノ酸には身体を維持するための必須アミノ酸と、そうではない非必須アミノ酸があります。
必須アミノ酸は身体を維持するために必要な成分であり、普段の食生活や体内で生成されています。
一方で非必須アミノ酸は必要な時にだけ必要とされるもので、必ずしも体内になければいけないというものではありません。
このため、成長期が終わるとL-シトルリンもアルギニンも体内から少なくなっていきます。
しかし、これらの成分は身体の中に存在することで、成長を促すのでサプリメントなどで補給することで健康を維持したり勃起力を高めるといった作用が期待できます。
現在販売されている多くの精力剤にはL-シトルリンなどが豊富に含まれており、また昔ながらの精の付く成分を豊富に含み、単に栄養を補給するだけでなく成長を促すことで、その効果を高めるといったことが配慮されています。
このため、サプリメントにしても精力剤にしても勃起力を高めるといった効果が期待できます。
また勃起力が高まるといった意識も硬さを取り戻すためにも重要です。

勃起力アップにはペニソールが効果抜群!

勃起力を取り戻すための精力剤、サプリメントは数多くありますが、そのひとつがペニソール(Penisole)です。
ペニソールは天然成分で作られたもので、ハッショウマメ、カラ、アシュワガンダ、シラジット、ヴィダリカンド、カモミール、サフラン、プエラリア、シャタバリ、ムクナヒヨスなどのハーブからなっています。
特にハッショウマメはインドが原産で、勃起不全(ED)の治療薬の成分としても注目されていますし、またカラは、血流の改善を促進する働きがあり、陰茎の海綿体に流れ込む血流を改善します。
これらの作用によってペニソールは勃起力の回復はもちろん維持にも役立てることができます。
ただ精力剤でネックとなるのが価格の高さですが、ペニソールは、一般的な国産高級精力剤に比べて4分の1程度の価格で、コストパフォーマンスに優れています。
精力剤にしてもサプリメントにしても継続的に服用し続けることが勃起力を取り戻すといった面では効果があります。
そのため効果はあっても高すぎる場合には費用対効果が悪くなります。
またペニソールは100%天然成分ですので、特に特定の成分が濃く含まれているわけではなくバランス良く配合されています。
このため副作用のリスクもないのも大きな魅力です。