勃起力を高める

勃起力を鍛えるトレーニング方法

勃起力を上げるトレーニング方法は、さまざまなものがあります。

気軽に行えるタイプのものが多く、毎日しっかりとトレーニングを行うことによって、男性が女性器にペニスを挿入する際の中折れをしにくいような状態に変えていくことが可能になっています。

それぞれどんなトレーニングがあるのか、見ていきましょう。

勃起力トレーニングの種類

勃起力を鍛えるトレーニングには、スクワットやPC筋(骨盤底筋)トレーニング、ジェルキングなどの方法があります。

勃起力を高めるスクワットは、筋肉量アップし成長ホルモンと男性ホルモン(テストステロン)を増やしていきます。

性欲を高めていくことができて、積極的に性行為を行えるような状態になることができるのです。

また、スクワットが他の運動よりも効果的であるとされている理由はPC筋(骨盤底筋)を効果的に鍛えることができる方法だからです。

PC筋(骨盤底筋)は、肛門の前後の場所にある筋肉で、以下の4つの筋肉を総称しています。

【PC筋(骨盤底筋)】

  • 深会陰横筋
  • 尿道括約筋
  • 肛門挙筋
  • 尾骨筋

PC筋(骨盤底筋)を鍛えることによって、勃起した時にペニスの海綿体に流入した血液を外に出しにくいものにできるのです。

勃起した状態を維持させていくことが可能になっているため、勃起する時間を長くしていくことが可能になっています。

それでは、PC筋(骨盤底筋)トレーニングの効果について見ていきましょう

勃起力を高めるトレーニングのPC筋(骨盤底筋)トレーニングは、PC筋(骨盤底筋)を効率的に鍛えられる方法になっています。

また、PC筋(骨盤底筋)以外にも勃起するときに欠かせない筋肉であるBC筋(球海綿体筋)も鍛えることが可能になっていて、かなりの勃起力を高めていくことが可能なのです。

BC筋(球海綿体筋)は、ペニスの根元の方にある筋肉の事。

BC筋(球海綿体筋)を鍛えることによって、勃起した時のペニスをより硬いものにすることが可能になっています。

また、BC筋(球海綿体筋)は、ペニスに血液を送る重要な役割をしているため、BC筋(球海綿体筋)を鍛えていくことで、ペニス全体に血液を勢いよく流し込むことが可能です。

これによって、勃起の能力を高めていくことができます。

射精の快感を強め、快感を強めていくことで、射精のタイミングをコントロールしやすくなっています。

早漏などの防止にもつなげていくことができるため、しっかりと鍛えることが重要になっています。

勃起力を鍛えるにはまずスクワット

勃起力を鍛えるスクワットは、腰回りからお尻の筋肉、太ももの筋肉まで鍛えることが可能です。幅広い体の部位の筋肉を鍛えることが可能になっています。

筋肉をしっかりとつけやすく、成長ホルモンと男性ホルモンを増やしていくことができて、性欲を効果的に高められます。

また、スクワットをすることによって、PC筋(骨盤底筋)も鍛えることが可能になっていて、ペニスに多くの血液を流しやすい状態に変えていくことができます。

スクワットは、最初は10回ほど行って、毎日継続しましょう。

50回近くできるようになれば、かなりのPC筋(骨盤底筋)が鍛えられた状態になるため、強い勃起をすることができる状態になります。

PC筋とBC筋のトレーニング方法

PC筋(骨盤底筋)とBC筋(球海綿体筋)を鍛えるトレーニングは、PC筋(骨盤底筋)トレーニングと呼ばれるものがあります。

PC筋(骨盤底筋)トレーニングは、肛門を開閉するような動きをするトレーニング方法です。

肛門を引き締めたまま10秒間維持するだけで行うことが可能になっています。

どこでも行えるようなトレーニング方法になっていて、BC筋(球海綿体筋)も同時に鍛えてられ、かなりの勃起力向上につなげていくことができます。

5~10回繰り返すことで、効率よく鍛えていくことが可能です。