勃起が持続しない原因について、お困りの男性は一度その原因について真剣に考えてみましょう。
人の体は常に老化しています。
二十歳の頃と比較すると、30代から40代の男性の身体は老化現象の影響を既に受けています。
若い頃のように無理が聞かず、性生活の面でもハンディキャップを感じるはずです。
勃起力の低下もまた老化現象の一種です。
勃起が持続せず、セックスが度々中断してしまう、そういった症状によく悩まされるようになれば、それは既にEDになっている可能性大です。
EDは何も高齢者だけの身体的リスクではありません。
軽度から中度のEDであれば、むしろ30代から40代男性の方がリスクが高いです。
EDはある日突然、男性を襲います。
特に前触れが無いのが怖いポイントとも言われています。
勃起力自体は健在でも、よく中折れするようになったと強く感じるのであれば、EDの症状が出ていると見て良いでしょう。
せっかく良い雰囲気でセックスをしようと思っても、本人の意識とは別に、唐突にペニスが萎えてしまったら、せっかくの機会が台無しになります。
EDは子作りの大敵です。
唐突にペニスが萎えてしまう症状に見舞われたら、精液をきちんと出す事が出来ず、子作り願望が男女双方にあったとしても、無事に済ませられません。
ペニスに関する知識や体験談はあまり世間一般では語られていません。
日本国内では性生活に関する話題はタブー視されています。
そのため、自分が実はEDのリスクに見舞われているのに、そのリスクに男性本人が自覚出来ていないパターンがとても多いです。
個人差はありますが、健全な男性であればセックス中、本人が強い興奮感を覚えていれば、真っ最中にペニスが唐突に萎える事は基本的にありません。
射精を済ませるまでペニスは天を貫く逞しい角度で勃起を続けます。
本人にセックスへの強いモチベーションがあるにも関わらず、勃起がなかなかスタートしなかったり、唐突にピストンの真っ最中に萎えてしまう等、こういった場合はEDのリスクが高いと考えなければいけません。
軽度から中度の場合、一応はペニスが性的刺激によって勃起しますので、体調不良だとみなされない事がありますが、勃起が最後まで持続しない時点で、それは体調不良だと見るべきです。
最後まで勃起が持続しないと男性として、確実に精液を女性に射精出来なくなります。
また勃起力が不安定化すると性生活の品質も下がりますし、男性本人のプライドも傷つきます。

心因性EDについて

心因性EDは主にストレスで引き起こされる勃起力の不安定化です。
ストレスを強く感じる事で、誰もが発症する体調不良と言えます。
不安感や仕事の疲れ、人間関係で受けた心労等、こういった感情が脳裏に滞在していると、心因性EDは想像以上に容易く現れます。
男性の年齢とは別に現れるのも心因性EDの特徴です。
またセックスについて不慣れな若い男性が悩まされる事も少なくありません。
ペニスを女性に笑われないだろうか、自分は正しいセックスが出来るだろうか、こういった漠然とした不安がストレスを発生させ、勃起力の不安定化を誘発します。

器質性EDについて

器質性EDは、心因性EDとは対照的なものです。
主に病気や怪我の影響で発症する状態となります。
ペニス周辺、あるいは下半身へと血液を送り届ける血管が、病気や怪我、その手術で傷ついた時、正常にペニスが勃起しなくなる事があります。
その状態を器質性EDと呼び、主に大病や交通事故の後遺症、副症状として発生します。
物理的にペニスや体内の重要な血管が傷ついた事で、勃起力が低下しているため、心因性EDとは違い、男性個人がなかなか個人的な努力のみで克服する事は出来ません。
器質性の場合はとにかく本丸の怪我や病気の治療に専念し、身体の機能回復に努める事が大事です。