勃起力が低下する原因

EDなのは相手のせい?あなただけが悪いわけじゃない

「勃起する時としない時がある」「相手によっては勃起する」

男性にはこういった事が多くEDの原因が、自分ではなくパートナーにある場合もあります。

では、どういった時にパートナーが原因でEDになるのでしょうか?

EDの原因を調べて、改善しましょう。

EDになる原因は自分のせいか相手のせいか

うまく勃起できないという時、まずは自分に原因があると考えてみるのが良いでしょう。
勃起ができないのは、必ずしも病気が原因であるとは限りません。

一時的な気持ちの落ち込みや、仕事によるストレス、肉体的な疲労などが原因であるならば、精神と肉体が回復すればまた正常に勃起できるようになります

これを心因性のEDと言います

心身ともに健康であり、自分に考えられる原因がない場合には、パートナーのほうに問題があるのかもしれません。主に以下のような理由が考えられます。

  • 肉体の相性が悪い
  • パートナーの健康状態が悪い
  • 相手によっては勃起しない

それぞれ見ていきましょう。

肉体の相性が悪い

男性が女性を好きになる理由はさまざまです。

ルックスは好みではないけれど、内面が好きなので付き合っているというケースもあります。

ルックスが好みであっても、肉体的な相性は良くないというケースもあります。

そもそも、身体の相性が良くない場合には、夜の営みがうまくいかないことは、ある程度は諦めるしかないでしょう。

その場合でも、努力によってお互いが気持ちよくなれるということは忘れてはいけません
勃起ができなくても、言葉を交わすことで気持ちよくなれることはありますし、愛があるのなら、ただ抱き合っているだけでも幸せを感じることができます。

パートナーの健康状態が悪い

パートナーの健康状態が良くないために、性的な興奮を感じられないということもあります。

心身ともに健康的な人のほうが、魅力を感じることは、男性でも女性でも同じです。

健康状態が良くなかったり、性病にかかってしまっていると、普段は無臭な女性でも、嫌なニオイがしてしまうことがあります。

ニオイが原因で性的な興奮が抑えられて、勃起ができないということもあります

夜の営みを幸せなものにするためには、お互いの協力が不可欠です。

パートナーにも食生活に気をつけてもらって、適度な運動をするようにしてもらいましょう。

相手によっては興奮できない

また、自分が興奮するだけでなく、相手を興奮させるということも重要になります。

お互いの気持ちが高まっているなら、2人で抱き合う時間が素晴らしい時間になることでしょう。

パートナーといっても、必ずしも妻や彼女であるとは限りません

浮気相手であるというケースもあります。

男性によっては、妻や彼女とするよりも、浮気相手との行為のほうが興奮をするようです。

多くのケースでは、ED治療薬を飲むことで、一時的に勃起ができるようになります

しかし、ED治療薬は一時的に勃起を促進してくれるものであり、根本的な解決にはなりません

なるべく原因を特定して、根本的に問題を解決するようにしましょう。

勃起できないのは性生活のマンネリ化のせい?

妻や彼女との夜の生活では、付き合い始めた時期や新婚の時にはとても盛り上がったが、時間が経つとマンネリ化してしまうということがあります。

多くの夫婦は、マンネリ化によってお互いの気持ちが冷めてしまうということを経験しており、それを乗り越えるための努力もしています。

性生活がマンネリ化したら、普段はやらないことをしてみるのが良いでしょう。

いつも自宅で行為をしているなら、ホテルへ泊まってしてみるというのも良いです。

普段はお互いに裸で行為をしているなら、服を着てやってみることで、マンネリ化が解消できるかもしれません。

コスプレなども良いかもしれませんね

浮気相手だと勃たないのはなぜ?

浮気相手だと勃起できない、もしくは勃起はできるが十分ではないという男性は、意外と多いです。

その理由としては、緊張や不安、パートナーにバレるのではないかというプレッシャーなどが関係していることが多いです。

不安やプレッシャーはEDを助長します

一緒にいてストレスを感じる女性は最初から付き合うことはないと思われますが、最初は心が安らぐ関係であっても、浮気関係になってしまうと、精神的なストレスを感じるようになってしまうこともあります。

そのような場合には、浮気をやめてみるというのが1つの手でしょう

お互いに精神的な負担を感じないようなお付き合いをするということが大切です。